table_top
  Tips豆知識

配線方法(ネジ式ソケット)



今回は、518119 新アンドン三角台(中)を使用して、説明をします。
*(危険)作業中は危険ですから、コードをコンセントにつながないでください。

【必要な材料】・・・各1個

518119 新アンドン三角台 中
608057 2mコード(黒)
608050 中間スイッチ(ミニロータリー)
608048 ソケット(SS) E-17
609801 ニップル 18ミリ
608265 六角ナットHEX143

【道具】

ドライバー、カッター(はさみ)、ニッパーなど

■準備

1.ソケットの中にあるネジをドライバーであけ、上下2つのパーツに分けます。

2.コードの先の真ん中を、カッターかハサミで切り、2センチほど2本に割ります。
3.先端から、1.5センチくらいのところまで銅線のまわりのビニールをむきます。
 (カッターやハサミで、銅線が切れないようにビニールカバー部分のみ切れ目を入れておき、
 ニッパーなどでつまんで引っ張ると簡単に取れます。)
4.銅線は、バラバラにならないようにネジっておきましょう。
 また、ネジ止めするときにやり易いように、右フックの形状にしておくと後の作業が簡単です。

■台座への取り付け

ニップルに六角ナットを入れて少しねじり、六角ナットが台座の裏にくるようにして、
表にニップルが1センチ位出るようにセッテイングします。
1.先ほど、用意したコードを下から通します。
 (完成したときに、台座がコードを踏まないように注意してください。
 この行灯は、横に穴があるのでそこを通してからニップルの中心を通しましょう)
2.ニップルにソケットの下の部分をねじり止めます。
 このとき、入りにくい場合は、ソケットの横にあるネジを少し緩めてください。
 (このネジはストッパーになっています。ソケットを固定したら、きちんと締めておきましょう)
3.裏側の六角ナットの位置も調整しながら、調度よい位置でソケットを固定します。

4.ソケット上部にコードの先端をとりつけます。
 このとき、ソケットの上下を連結するネジ穴の位置が同じ側になるように注意してください。
5.2つあるネジをそれぞれゆるめ、
 準備段階でまげておいたコードの先端の銅線が下側の銅板にきちんと接触するように締め付けます。
 ※(危険)2つに分けた銅線が接触した状態で通電すると、ショートの原因になります。
6.ソケットの上下を止めるネジを、ネジ穴の位置を確認しながら締め付けます。
 このとき、はじめからネジを出して作業すると、位置が確認しやすいですよ。
7.コードのたるみを調整してください。
8.最後に、コードをコンセントにつないで、電球が点灯するか確認してください。
 (中間スイッチをつける場合は、その前に一度確認してください。)

■中間スイッチ(ミニロータリ)のつけ方

1.コードの中間スイッチをつけたい部分で、コードの真ん中を切って、写真のように2センチくらい穴をあけます。

2.中間スイッチのネジをはずして、2つに分解します。
3.片方のコードを、ニッパーやはさみを使用して切断します。
 それを写真のように中間スイッチに設置します。
4.このままふたをしてネジでとめたら完成です。
5.最後に、コードをコンセントにつないで、中間スイッチで点灯と消灯を確認してください。

お疲れさまでした。
HOME  会社情報  サイトマップ  お問い合わせ 
会社情報

興和商事株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-18
電話:03(3406)6419
FAX:03(3406)6416
グループサイト

・興和商事株式会社[HOME]
・日本ステンドグラス普及協会
 

・ビラ・シリーズ
 

・FAN OUT (日本)
・FAN OUT (USA)
Copyright (C) 2010 KOWASHOJI CO., LTD. All Rights Reserved.